検索
  • Hiroshi Mori

2020‐03‐18

おはようございます 今朝は中央卸売市場が休場ですので 天満市場に仕入れしに来ました 皆さん天満市場はご存知ですか? 天神橋筋商店街のちょうど天6と天満駅の中間あたりにあります 鮮魚、精肉、青果、乾物ひととおり何でも揃うマーケットです、中央卸売市場が日曜日と水曜日に休場となるので、僕はたまに水曜日、ここに仕入れに来ます

とは言っても今日は中央卸売市場が休場日、ここ天満のマーケットも休業の店は結構あります

マーケット内はこんな感じです、休業の店が多いから寂しいですね

地下1階と1階に店が複数出店してますが 鮮魚店は2フロア合わせて9店あります 9店あるのですが、残念ながら品質が合格点なのは2店だけです

天満のマーケット内で最も広い売り場面積を持つ「西万水産」です

魚を持ってる量は最も多く、鮮魚から加工品、貝類まで幅広く揃えていて、昼間の集客力も強いお店です、です、です

が…

在庫量が多く、売り場面積が広い

この環境で良い鮮度を保つのは容易ではありません

山盛りの魚を叩き売りしてるのを一般客が喜んで買ってる光景を見かけますが

これは一番外れを掴まされるパターンなのでやめておきましょう

この店は朝の11時前に買い物をしてはなりません、朝、中央で競り落とした魚が運ばれて来るわけですが、この店は手広く商売をしてるせいか、魚の搬入がよそよりも遅いのです

つまり、11時より前に並んでる魚は全て前日の残りです

もうひとつ、鮮度チェックできるのは

光もんの鯖やイワシを保管してるケースを見てみましょう、氷水に浸かってるのですが

この水が濁ってる時があるんですこの店は

こんな時は魚の回転悪く、間違ってもそのケースの魚は買ってはなりません、安売りしてても焼き用でも、やめておいた方がいいですよ

さぁもうひとつ、通りかかった店です

鮮魚「魚伸商店」さんですね

本日のお買い得品!

あまり批判的なことは書きたくないのでこれは深掘りいたしません

さて、最も安定して品質の良い店を紹介しましょう 入口を入りましたら、そのまま真っ直ぐドンツキ右手にあります「野田商店」です

この店がなかったら、僕が天満市場に来ることはないでしょう

売り場面積はそれほど大きくありませんが

いいのを持ってます

ここは朝の8時過ぎには新しいものが到着してるので、最初に訪れるべき店ですね

この店で光もんの氷水が濁ってるのをみたことがありません

太刀魚ですね

皮目を炙りにして、とても美味しいですよね

太刀魚を選ぶ時は、見た目が7割

キラキラひかって艶がいいのが絶対条件、皮がよく見るとキズだらけのものは触る価値もないのでやめておきましょう

今日は太刀魚欲しいのですが、見た目は合格点、そして残りは腹を押して見ましょう

張りが弱いのは鮮度が落ちてます

見た目が良くてもこれでは70点、今日はやめておきましょう

最後にマグロです

ここ天満市場では一般の方々が買いやすいように、スーパー同様にパッケージされてます

しかし、ここにも落とし穴が…

ほとんどの店が、柵どりしたマグロを冷凍庫から出して売っています

柵どりした後に冷凍すると、解凍するとドリップと一緒に旨味が落ちてしまいます

見分け方は表面ににじみ出る艶があるのが生のマグロ、分かりにくいかな?

冷凍したものは店頭に並ぶ前に水分が下に落ちるからにじみ出る艶が出にくい

あと、柵どりしたマグロの角がやたらとんがってるのも、冷凍のまま電動ノコギリで切断してそのまま冷凍してあるケースが多い

生のまま解体したマグロはしんなりしてる

地球には重力があるから角がしんなりしてるのは自然なんですよ

天満市場で買うなら「野田商店」の本マグロを買った方がいいですね、ここ生マグロ使ってますよ👍️

長くなりました、仕事しなきゃ

今日選んだのはこんな感じ

さぁ本日も宜しくお願い致します

0回の閲覧

©2023 by Thyme. Proudly created with Wix.com